テーマ:イタリア

フィレンツェのバルジェッロ国立博物館

最近この博物館の事をよく思い出します。 フィレンツェのお気に入りスポットのひとつです。 展示物もさることながら、建物自体が博物館的。 渡り廊下や中庭、そこにある2階への階段がとっても素敵 でもここ、かつては警察署、牢獄だったらしく この優美な中庭で処刑も行われていたとか。。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナポリの地下探検ツアー:ナポリ・ソッテッラネア

ナポリ旧市街の地下には、古代ギリシャ時代からの地下都市がひろがっていて それを巡るツアーがあります。 ギリシャ時代は採石場。 ローマ時代にはそこを貯水池にして お得意の水道に利用。 戦時下では、防空壕として利用したとか。 ツアーでは一応学生っぽいガイドさんがついていて 言語でチームに別れて、地下道を巡り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故イタリアのライオンはせつない顔をしているのか?

イタリアを歩いていると いたるところに思わずツッコミたくなる彫像やモチーフに出くわします。 ライオンは、よく使われているモチーフですが 精悍なライオンはあんまり見かけず たいてい眉毛を下げた切ない顔をしています。 下の2体は、ヴェネツィアのアルセナーレの入り口に置かれているライオンです。 ヴェネツィアのシンボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマの泉めぐり ~芸術家の泉~

20世紀に入ってロンバルディという人が作った泉です。 この泉のあるマルグッタ通りは、芸術家が多く住んでいたから それに因んで作ったのだとか。 一番上に絵筆の入ったバケツ。 イーゼル、コンパス、椅子のモチーフからなっていて 2つの顔は、笑っている顔と深刻な顔。 芸術家には楽しいこともあれば、辛い時期もあるってことだそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマの泉めぐり  何故イルカの顔は邪悪なオバQ顔なのか?

暑いので久々にローマの泉のご紹介。 ロトンダ広場にある泉です。 バックに見えるのはパンテオンです。 ロトンダ広場は、近くにおいしいジェラート屋さんや、好きな絵のある教会があり 結構好きなスポットです。 広場の周りはパンテオン、バールなどがあり いつも観光客で賑わっています。 少し行けばナボーナ広場です。 泉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴェネツィアの橋

イタリアでおもしろいドアノブを撮るのが好きなワタクシ。 ヴェネツィアで前から気になっていたものがあります。 それは、ヴェネツィアの街中にある橋なんです。 ウィキペによると、ヴェネツィアは177の島からなり それを渡る橋は400もあるそうです。 ほんとに橋だらけなんですが、気になるのは橋の手すりの欄干です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナポリからアルタヴェロチタでヴェネツィアへ!

以前、ナポリからヴェネツィアは飛行機で行ってましたが (ま、普通はそうするのかな) 今回は鉄道を使いました。 どうなんでしょう。 やっぱり空港への往復や諸々の時間を考慮しても 飛行機の方が早いかな。。。 で、なんで鉄道かって言うと ITALOって言うフェラーリのデザインした車両の特急で行きたかったからなんだけど …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアドアノッカー ~海の生き物編~

久々にイタリアのお宅のドアノッカーのご紹介 イタリアのドアノッカーにはおもしろいものがいっぱい 人様のお宅を無断で撮るのはどうかと思うけど 撮らずにはいられません 家の人が出てきた時は、褒めちぎって逃げきろうと 一応セリフも考えてあります~{%一言・ペコhd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

al Gatto Nero ~アルガットネーロ~

ヴェネツィア本島からヴァポレットで40分くらいで行ける ブラーノ島にあるトラットリアです。 最近は観光客が結構入ってます。 って、自分も観光客だけどさ。。。 アンティパストミスト。 魚介のアンティパストも南とは様相が違っています。 バッカラマンティカート(タラのペースト)やシャコは、ヴェネツィアの定番。 お味は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今回のヴェネツィアンガラス

ガラス製品が大好きなもんで、今回も“ガラス屋”めぐりにヒートアップしてしまいました。 まずは、行く度に買っているカルロ・モレッティのグラス。 いつもの場所にショップがなくって、モレッティ氏が亡くなったのでお店を閉めたのかと 一瞬焦りましたが、サント・ステファノの方に移転していました。 前は“プラダの隣”というロケーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カッフェ ガンブリヌス

ナポリのプレビシート広場の近くにある 一度聞いたら忘れられない名前の老舗カフェです。 今までバールで飲んだり、ジェラートを買ったりしただけだったけど 雨が降ってた日に椅子席の方でお茶する事にしました。 前から気になっていた“カッフェ ノッチョーラ”にしてみました。 エスプレッソにヘーゼルナッツクリームが溶け込んだナポリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cucciolo Bohemien  ~クッチョロ ボヘミアン~

ずいぶん昔、ジローラモ氏が紹介していたナポリのリストランテです。 トレド通りからちょっと入った路地にあって 行きやすいのでナポリに滞在する時は必ず食べにいきます。 おしゃれなお店ではないですが、出てくるものに間違いがありません。 アンティパスト。。。 ボンゴレのソテー イワシとタコのマリネ どれも美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LA SPAGHETTATA ~ラ スパゲッタータ~

今回のナポリで、絶対行くぞと思ってたピッツェリアです。 ナポリピッツァ職人協会、副会長のアドルフォさんのお店で ナポリ旧市街を見下ろすヴォメロにあります。 前日、サンマルティーノ美術館に行った帰りに場所は確認済です。 地下鉄クアトロジョルニ駅の近くですが 観光客が向かうサンテルモ城やサンマルティーノ美術館からは少し歩き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴェネツィア ヴァポレット事情

先日も少し書きましたが 過去記事:ヴェネツィア 交通事情 ヴァポレットとは、ヴェネツィアの水上バスのこと。 普通の路線バスのようにいろんな路線があって 空港からも出ているし、本島以外の離島にも行けます。 便数も多くて、朝早くから夜中まで運航しています。 ヴェネツィアで何が好きって私はこのヴァポ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヴェネツィア 交通事情

水の都ヴェネツィア、車の乗り入れは本土からの鉄道駅の近くにあるローマ広場までです。 なので空気はきれいし、車やバイクを気にせず歩けるし 身軽でさえあれば旅行者にとってはご機嫌なトコロです ヴェネツィアの大動脈、カナルグランデと言う大運河です。 水上バス、モーターボ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ナポリ 地下鉄事情

トレド通りを歩いていると、今までなかった物体が。 メトロポリターナ(地下鉄)の降口でした。 やっとできたか! もうめちゃくちゃ前から工事してたような気が。。。 ローマと同じく遺跡が邪魔をするんでしょうか・・・ イタリアだからなんでしょうか・・・ 地下鉄は全部で3路線。 今まで乗る必要がなかったので乗らなかったけど …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナポリ 国立考古学博物館

ずっと行きたかったけど、休館日やらなんやらで 行けなかったのがここ。 忘れないうちに初日に行っときました。 彫刻やいろんな出土品、壁画なんかが 広い館内にゆったりと展示されていて とても気持ちのいい博物館です。 中でも私が気に入ったのは、ポンペイのモザイクや壁画。 以前ポンペイの遺跡には行ったことがあり …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナポリの宿

ナポリにはミラノにあるようなガッレリアがあります。 十文字のアーケードになっています。 ヴォメロなんかから見下ろすと結構存在感あるし 内部も天井高くて綺麗なんだけど 賑わってるのはあのケーキ屋さんだけで ちょっと盛り上がりに欠けるところ。 今回はそのガッレリアにあるホテルです。 そんなとこにホテルがあるなん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BRANDI ~ブランディ~

ナポリとヴェネツィアに行ってました。 浮かれきった10日間はあっと言う間。 イタリアも寒かったけど、日本もまだまだ寒いですね~ “ナポリピッツァ食べまくるぞっ!の旅” 第一弾はブランディです。 マルゲリータ発祥の地。 結構観光客の多い店ですが、ホテルから近かったので行っときました。 初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア旅行三種の神器

イタリア旅行三種の神器:チョコラータバージョンです。 ブルーのは、自転車のワイヤー錠(?) イタリアの電車、大荷物は連結部分の荷物置き場に置いとくのですが 座席から離れてて、おまけに扉で遮られているのでちょっと心配。 盗難防止に荷物置き場の棚とトランクを連結させときます。 ピンクのは、トランクの重さを計るはかり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サンタ・マリア・ノヴェッラ

相変わらず暑いですね~ サンタ・マリア・ノヴェッラって、フィレンツェの駅の名前ですが 駅の近くにマザッチォの「三位一体」で有名な同名の教会があり 更にその近くに同名の薬局があります。 世界最古の薬局だそうで自然派化粧品なんかが人気みたいです。 お土産にソープを頂いたことあったけど パッケージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナポリからユーロスターでローマへ・・・

3人旅も終盤を迎えました。 H&Mはマイオーリにもう1泊した後、知りあいに会いにミラノへ。 チョコラータはローマで2泊することになってました。 H&Mがナポリまで車で送ってくれました。 何回も通った高速もこれが最後です。 風光明媚なアマルフィ海岸からカオスの街ナポリへ。。。 ナポリの降り口を下るとゴミだらけで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オストゥーニからマイオーリへ

のどかで美しい街、オストゥーニに別れを告げて なにわの3人組はまたアマルフィ海岸に向かいました。 次の日私はナポリからローマに向かう予定だったので とりあえずナポリに近づいておこうということで。 オストゥーニからの道路は両側にオリーブ畑(?)が広がっていて 道はまっすぐ続いています。 オリーブの木はどれももの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマの泉めぐり ~本の泉~

今回のは、20世紀になって作られた新しい泉です。 ピエトロ・ロンバルディという建築家が ローマの10の地区に作った泉のひとつ。 これはサンテウスタキオ地区に作られた“本の泉”です。 今まで紹介したランドマーク的なものではなく 壁に埋め込まれたような形の小さい泉で 水の音がしなければ、見過ごしてしまいそうです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オストゥーニでまな板を買う

忘れた頃に再開するイタリア旅行記、まだ続けます~(汗) ポリニャーノから同じプーリア州のオストゥーニという白い街へ。。。 狭い小路が続く同じような街並みだけど マテーラよりなんか明るい! 白い街とオリーブ畑とその向こうは海! 小路のあちこちには、かわいいスポットや …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポリニャーノ ア マーレ

マテーラをさらーっと流した後 H&Mの思い出の地、ポリニャーノ ア マーレへ向かいました。 ポリニャーノはアドリア海に面したプーリア州の海辺の街。 空も海もめっちゃ綺麗なブルーとグリーンです! 以前H&Mが来た時、海辺の岩壁のホテルのリストランテで食事をしたとの事。 今回もそこで食事をして1泊することに。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ローマの泉めぐり ~蜂の泉~

前出、トリトーネの泉の近くにある蜂の泉です。 バルベリーニ広場からヴェネト通りに入る入口にちょんとあります。 これもベルニーニの作で蜂はもちろんバルベリーニ家の紋章。 当時は人間用の泉を作ると、そばに家畜用の泉も作られ トリトーネの泉が人間用でこれはかつては家畜用だった。 本来はもう少し水盤は低い位置だったそう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂田利夫似おじさんのイタリアドアノッカー

イタリアのドアノッカー ~人物編①~ ライオンに次いで多いのは人の顔ですね。 なぜかエジプト系やアフリカ系が目に付きます。 この人はかなり年期入ってるエジプシャン。 このエジプシャンは上に郵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マテーラ

今日は別の場所で2人の人に最近ブログの更新してへん! とお叱りを受けてしまいました えらいすんまへ~ん 最近へとへとやったもんで。。。 いやいや。。。こんなしょーもないブログを覗いていただいている方々に 見捨てられないように、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more