ナポリ 地下鉄事情

トレド通りを歩いていると、今までなかった物体が。
メトロポリターナ(地下鉄)の降口でした。

やっとできたか!
もうめちゃくちゃ前から工事してたような気が。。。
ローマと同じく遺跡が邪魔をするんでしょうか・・・
イタリアだからなんでしょうか・・・

地下鉄は全部で3路線。
今まで乗る必要がなかったので乗らなかったけど
トレドから乗れるんならとヴォメロに行く時、試しに降りてみました。

新しい電光路線図を見ると
今までアルバ門のあるダンテという駅までだったのが
たった2駅伸びたようです。

切符を買おうと新しい改札近辺を探せど
券売機も窓口もありません。
たった1人いる駅員らしき人は他の乗客としゃべっている。

ふと、さっき上にあがって行った人がまた降りてきて
改札を通って行くのを見かけました。

さては、上に券売機あるねんなと上にちょっとあがって行くと
中途半端な中2階みたいなとこに券売機らしき機械が1台だけ(!)あります。

失笑しながら買おうとすると“お釣り出ません”の表示。
切符は1.2ユーロなんだけど20セント玉がない!

後から来た親切なおじさんが私たちに恵んでくれようとしたけど
丁重にお断りして地下鉄断念。
使えねーっ!

新しい駅でもこれだから。。。
券売機、お金盗まれるんでしょうかねぇ。。。
壊されるから1台だけなんでしょうか。。。

イタリア初めての同行者Kは
この非先進国的な状況に「そんなアホな~」と信じられない様子でしたが
ここはイタリア、ここはナポリ。。。

しかたがないのでいつも通り近くのフニコラーレ(ケーブルカー)で行くことに。
ここは前に売店があるのでそこのおばちゃんから切符を買えます。
もうまとめ買いしときました。
ちなみにフニコラーレも地下鉄もバスも同じ切符で
90分乗り放題。


ヴォメロからの帰途。
切符もGETしたし、地下鉄再挑戦。
今度は以前からあるクアトロジョルナーテという駅から乗る。


平日の夕方。
利用客は非常に少ない。
でも、身の危険を感じるほど殺伐とはしていない。
思ったよりホームも明るい。
ローマの地下鉄の方が暗いんじゃないかな。

どっち方面のホームで乗るのか確認のため路線図を見る。
が、しかしどの路線図もダンテが最終でその先がない。
でも、トレドは同じLINEA1だったはず。
ははーん。さては路線図書き換えてないな、と。
変な確信があってダンテ行きに乗り込む。


車内も写真なんか撮れるくらい空いているしきれい。

そうこうしているうちにダンテへ到着。
私の勘ではこのまま新しく伸びた線を走るはずだったのだけど
停車時間が長い。
ちょっと不安になって後ろを振り返るとホームに
←Treno  Per Universita の表示。
“Universitaへの電車はあちら”の意。
乗換えかい!
もう!わかりにくー!
普通、乗換えやったら御堂筋線と中央線って名前変えるでしょ!
おんなじLINEA1にすな!

この日は1年にあるかないかくらい機転が利いてたので
なんとかスムーズにトレドまで帰ってきたけど
わかりにくすぎるぞナポリ!



無事到着した新しいトレド駅は、ブルーのタイルをモザイク状に貼った海の底みたいなデザイン。
“ナポリの地下鉄”と言うイメージからは想像できないとても美しい駅ですよ
いつまでも綺麗なままでいてね。。。


私が利用したのはLINEA1のダンテ・クアトロジョルナーテ間
クアトロジョルナーテ・トレド間の計3回だけです。
この範囲だけでいうと、思っていたよりも安全そうでした。
この辺りはナポリでも比較的安全ですしね。
怪しい輩も見かけませんでした。
でも夜間はどうでしょうね。
私なら乗りません。

また駅近辺を通るLINEA2は危険度UPでしょう。
地上でもあの有様ですからね。
乗ったことないからわかりませんが。。。
私ならぼったくられてもタクシーにしますね。

持ち物に気をつけるのは言うまでもありません。
写真では何かを買って紙袋を持っていますが
バッグはコートの内側にかけています。


お気をつけて~




ランキングに参加してみました。
下のバナーをそれぞれクリックして頂けたら励みになります

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ  




この記事へのコメント

おっとっと
2013年03月12日 08:31
チョコラータ様、Kが大変お世話になり有難うございました。置いてけぼりのオットットです。
次は、私目も連れてって!
絶対に足手まといには、成ります。
チョコラータ
2013年03月12日 18:03
>おっとっと様

コメントありがとうございます。

イタリア部、入部しますか?
新入部員大歓迎です
入部早々引きずり回しますよーヽ(^0^)ノ

この記事へのトラックバック